プリザーブドフラワーとは

Posted by atadmin - 5月 30th, 2014

プリザーブドフラワーとは花を特殊な手法で加工して水分を抜いてしまった状態の花を意味します。特徴としては、普通の花と違って水をやる必要がなく、長期的な使用ができる点にあると言えるでしょう。そのため、イベントなんかでもよく利用される加工されたお花となっています。


<こんな時に便利>

プリザーブドフラワーは、保存環境さえよければ、長期的に形を残すことができる花です。そのため、イベントや冠婚葬祭でも利用することができるのです。冠婚葬祭でなくともちょっとしたパーティーにでも利用することはできます。しかし、保存環境が悪い時期ですと花の形を維持することができません。また、特殊に加工をするものですから普通の花に比べて値段が高いというデメリットもあります。


<特に湿気の多い季節はダメ>

特に、湿気の多い6月ごろから夏はプリザーブドフラワーを保存するには非常に難しい季節と言えるでしょう。ですので、プリザーブドフラワーを利用してイベントを催すのでしたら秋や冬、そして春ごろが一番適しているのです。プリザーブドフラワーは特殊な加工状態にすることで長期的に花の形を維持することができる優れた花です。しかし、保存環境が悪いと花の形も崩れやすくなるので注意が必要です。

Comments are closed.

Blog Home